祈祷案内

  • 葛西神社の神前挙式
    葛西神社のお宮詣り
    葛西神社の七五三
  • 葛西神社の御守

厄祓の祈願

厄とは木のふしめの意味があり、古来より厄年には、災難や障りが身に降りかかりやすい年として忌み慎むならわしがあります。
神社では神様のご加護をいただいて災厄が降りかからないよう厄祓をいたしております。

男性は数え年で25歳、42歳、61歳。 女性は19歳、33歳、37歳、61歳が厄年にあたり、その前後の年を前厄、後厄と言います。特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と言われ、社会的にも身体的にも重要な年回りとされ、大切な時期でもあるのです。

今は誕生日(満年齢)が来ると年をとりますが、昔は正月に年神様をお迎えして、そのときに年をとると考えられていました。当社では、旧来よりお正月に厄祓をご奉仕させていただいた関係から、今でも正月に多くの方が厄祓に訪れています。もちろん、年の途中でも結構です。

厄にあたった年は、普段より健康に気をつかい、あまり神経質にならずに気持ちを落ち着かせて過ごすことが大切です。

当社では、厄祓の御祈願時に厄札守りをお渡し致しております。

平成29年 厄年表

男性の厄年
前厄 本厄 後厄
24歳 平成6年生 いぬ 25歳 平成5年生 とり 26歳 平成4年生 さる
41歳 昭和52年生 み 42歳 昭和51年生 たつ 43歳 昭和50年生 う(うさぎ)
60歳 昭和33年生 いぬ 61歳 昭和32年生 とり 62歳 昭和31年生 さる
女性の厄年
前厄 本厄 後厄
18歳 平成12年生 たつ 19歳 平成11年生 う(うさぎ) 20歳 平成10年生 とら
32歳 昭和61年生 とら 33歳 昭和60年生 うし 34歳 昭和59年生 ね(ねずみ)
36歳 昭和57年生 いぬ 37歳 昭和56年生 とり 38歳 昭和55年生 さる
60歳 昭和33年生 いぬ 61歳 昭和32年生 とり 62歳 昭和31年生 さる

下記のように、初穂料を添えた熨斗袋を持参される方が多いです

当葛西神社では、年間を通じて初宮詣や七五三詣の祈願をはじめ、厄除けや家内安全などの祈願祭を執り行っています。

一覧に戻る

トップ